日本漢方と中医学陰陽とは五行とは気血津液精

五行とは

宇宙に存在するすべてのものは「木・火・土・金・水(もっかどこんすい)」と呼ばれる五つの基本物質から成り、その相互関係により新しい現象が起こるという考え方を「五行説」といいます。
五つの要素がその大きさを強めたり弱めたり変化しながら、お互いの暴走や消滅を防いで、全体のバランスをとっています。

五行説


これを人間の五臓(肝・心・脾・肺・腎)にあてはめ、病変が生じた時の相互作用も五行説によって説明されます。

五臓のはたらき


このように、生きている人間の各臓器はそれぞれ独立して存在しているのではなく、また、勝手に活動しているわけでもなく、互いに影響しあって一人の人間の生命体を支えていると考えます。