不妊症とは不妊の原因基礎体温周期療法漢方薬

「赤ちゃんがほしい」 「なぜ私は妊娠できないのだろう」

と悩んでいるお母さん方が驚くほどたくさんおられます。
山中薬局では、中医学の考え方を基礎にした周期調節法による不妊相談も行います。


周期療法の考え方は、不妊症だけでなく、月経痛、月経不順、子宮内膜症、子宮筋腫などの予防や改善にも役立ち、女性の健康づくりにも応用されます。

漢方単独の不妊症治療を行うケースもあれば、ホルモン治療、人工授精、体外受精などの治療と並行するケースもあります。漢方治療を併用することで、質の良い卵子や精子を作ることができ、妊娠する確率が高くなります。

一日も早い、丈夫で元気な赤ちゃんの誕生を心から祈っております。

不妊症とは

写真:ごいっしょに検診

妊娠を希望し2年以上、正常な性生活をして子宝に恵まれない場合を不妊症と言います。
不妊治療というと女性が受けるものと思われがちですが、男性に原因がある場合も全体の4割といわれて決して少なくありません。
特に最近は環境ホルモン、化学物質や紫外線、ストレス、食生活をはじめ生活・自然環境の急速な変化などによる精子の数の減少、機能の衰えなどが多い言われています。

最近はこのことが少し知られてきたようで、二人そろって初診を受けるカップルがたくさんいます。まずご一緒に検査を受けられることをお勧め致します。

基礎体温をつけよう

写真:基礎体温表 女性に原因がある場合、その原因を探し出し、また服用する薬の効果が出ているかどうかを知るために、私たちは基礎体温表を活用しています。必要な漢方薬を選ぶときにも、参考になりますので、必ずつけるようにしましょう。



妊娠しやすい状態に持っていくには、 何よりも女性は子宮の温度を保つことです。それによって卵巣・子宮の血液の流れがよくなり、質の良い卵子ができ、子宮内膜が柔らかくなります。