PMSPMSPMSPMS

PMS(月経前症候群)とは

PMSとは、排卵から月経開始までの時期に現れる身体的・精神的不快な症状のことで、女性の80%が経験していると言われます。
PMSの原因として、西洋医学では卵胞ホルモンと黄体ホルモンのアンバランスやプロラクチンの過剰分泌などが指摘されていますが、はっきりした原因はわかっていません。

東洋医学では、PMSを「気」の問題としてとらえます。
生理前の一週間は、排出前の時期であるため、月経周期の中でもっとも「気」のめぐりが悪くなりやすいときです。また、「気」のめぐりは、ストレス悩みごとによって滞りがちになります。

これらの条件が重なると、いわゆるPMS(月経前症候群)があらわれやすくなると考えます。

PMSの女性    ・イライラ
   ・頭痛、肩こり
   ・乳房が張って痛い
   ・注意力や集中力の低下
   ・過食、甘いものを大食いする
   ・腹が張る、便秘  


そして生理が始まると、出血とともに「気」が排出されて、詰まりが取れたような状態になり、症状が落ち着き、生理後〜排卵まではもっとも「気」のめぐりがよい状態となるのです。

加味逍遥散 逍遥丸


  漢方薬・・・加味逍遥散
        逍遥丸 など


柴胡(サイコ)という気持ちをリラックスさせる生薬などが配合され、「気」のめぐりを整え症状を緩和させます。
PMSだけでなく、更年期の気分の浮き沈みにも有効です。



  また症状や原因に応じて、それぞれの養生法 & ツボ をご紹介しています。

      1.生理前の 頭痛・肩凝り
      2.生理前に イライラ・興奮しやすくなる
      3.生理前に むくみやすい
      4.生理前に 憂うつ・不眠・精神不安定