子宮内膜症とは

子宮の内側をおおっている子宮内膜は、女性ホルモンの影響を受けて、生理のサイクルで増殖し、妊娠しなければはがれ落ち、月経血となって排出されています。

この子宮内膜の組織が、間違って他の場所に飛び火したものが子宮内膜症です。

子宮内膜症 漢方 生理痛の女性

卵巣や卵管、腸などに飛び火した内膜も、生理と同様にはがれ落ちますが、その血液は行き場を失ってその場にたまることに。それが炎症癒着となり、下腹部痛や下痢、排便痛を引き起こすのです。周囲の臓器や組織と癒着すると、生理でなくても引っぱられるような痛みが走るようになります。

20〜30代の、とくに妊娠経験のない女性に増えており、卵管や卵巣に病巣ができた場合は、不妊や子宮外妊娠を引き起こすこともあります。

     ●かかりやすい年代…20〜40代
     ●かかりやすい人…妊娠、出産経験がない人


まずは自己チェック

 病気のサインを見逃さないで!

    □寝込んでしまうくらい生理痛がひどい

    □背中や股関節、足にまで広がるひどい腰痛がある

子宮内膜症 漢方 生理中の嘔吐

    □生理時以外でも下腹部痛が起こる

    □便秘ぎみ、もしくは下痢ぎみである

    □頻尿になった

    □排卵の時期に下腹部に痛みがある

    □生理中に吐き気・嘔吐が起こる

    □セックスのときに強い痛みがある

    □排便痛が起こる


チェック項目のような痛みを感じているのなら、子宮内膜症の可能性があるので要注意です。


子宮内膜症が発生しやすい場所

子宮内膜症には、卵巣や卵管、直腸、ときとして肺など、子宮の外に発生するものと、子宮の筋肉の中に発生するものがあり、どちらもそこで増殖と出血を繰り返します。


子宮内膜症が発生しやすい場所

チョコレートのう腫

卵巣チョコレートのう腫
卵巣内に飛び火した子宮内膜が、増殖と出血を繰り返し、卵巣はチョコレート色をした古い血でいっぱいに。これをチョコレートのう腫という。子宮内膜症のある人の約半数はチョコレートのう腫があるともいわれ、ひどい生理痛や腰痛を伴い、妊娠への影響もある。


子宮腺筋症

子宮腺筋症
子宮内膜の組織が、なんらかの原因で子宮筋層(筋肉)の中に入り込んでしまい、そこでコブのようになるため、子宮筋腫との区別が難しく、子宮筋腫との合併も多く見られる。症状はひどい生理痛に加え、過多月経、貧血が加わる。


ダグラス窩病変
子宮と直腸のすき間にあるダグラス窩に、増殖と癒着が起きるもの。ひどい生理痛、排便痛の原因になるが、症状には個人差が大きく、痛みをあまり感じない人も。内診や超音波では見つけにくく、腹腔鏡検査や直腸診でみつかる場合が多い。



中医学では

子宮内膜症の大きな特徴は、「血」のめぐりが悪い「瘀血」の状態が続いているということです。
異常粘膜の増殖や出血・癒着を抑えるはたらきを持つ、活血化瘀・消腫散血(固まりやしこりを取る)薬を用います。
また出血による「血虚」(血の不足)も考えて、「補血」も考慮します。

漢方治療の最大の利点は、月経サイクルを正常に保ちながら治療できるという点にあります。つまり、無理に排卵を抑え、月経を止めたりはしません。


  漢方薬・・・芎帰調血飲
        桂枝茯苓丸
        桃核承気湯
        爽月宝
        冠元顆粒
        血府逐瘀丸 など

 症状に合わせてプラス
●出血量が多いときには・・・異常粘膜からの出血を抑え、内膜症の痛みを緩和する
●冷えて痛むようなら ・・・子宮周辺を温め、血のめぐりを改善する


子宮内膜症の養生法は、瘀血タイプを参考にしましょう。