「熱」がこもっている「実熱」とは

人が生きていく上で、体温を維持したり、新陳代謝を調節したり、機能を回復させたり、と熱エネルギーは最も重要なもののひとつです。私たちは活発な運動や考察をするために、または十分な休息をとるために、毎分毎秒たくさんの熱エネルギーを消費しています。

実熱の舌

生命の営みを支えるこの熱エネルギーが過剰になった状態がこの「実熱(じつねつ)」タイプです。

● 実熱の舌 舌の色は紅くて乾燥している。苔は黄色味を帯びる。


出やすい不調とトラブル

実熱の女性

実熱タイプの方には、熱症状がみられます。

  ・暑がり
  ・汗かき
  ・顔が赤くなる
  ・目が充血する
  ・口が渇き、冷たい物を飲みたい
  ・便秘、尿の色が濃くなる
  ・赤ニキビが出たり、かゆくなるなど、肌のトラブルが多い

実熱

また、性格面にもあらわれます。

  ・じーっとしていられない
  ・物事に性急で興奮しやすい
  ・味の濃い食べ物が大好きでよく食べる  などはよく見られます

「実熱」タイプの方は、体力が旺盛で、自分では健康だと過信する傾向があるので、そのぶん病気を患うと大変です。生活のリズムを変えて、熱を冷ます方法をとりましょう。

おすすめの食材

実熱のおすすめの食事● 夏の旬のものや熱をさますものがおすすめ
トマトきゅうりなすすいかとうがんなどの夏の旬のものや、あさりわかめ豆腐などの熱をさます食べ物がおすすめ。
とはいえ、実熱の人の場合は気虚が後ろに隠れていることも多いので、あまり冷たいものを摂りすぎると、気虚を助長してぐあいが悪くなります。食べ過ぎずほどほどに。


実熱 食事の注意● 辛いものや強いお酒は避ける
脂っこい食べ物肉類を多く摂ると、熱が体にたまり、実熱をさらに悪化させてしまいます。味の濃い料理もあまり食べ過ぎないように、薄味になれましょう。
また、アルコール類ピリ辛の刺激物にも同じ作用があります。唐辛子、にんにく、芥子、こしょう、山椒など、食べると汗をかくようなスパイス類や、しょうが、ねぎ、シナモンなどはできるだけ控えてください。


おすすめのお茶

緑茶、緑牡丹茶、菊花茶 など。脂っこい料理の後は普洱(プーアール)茶もおすすめ。
便秘や赤い吹き出物など熱症状が強い人には、ドクダミを足すのも効果的。

ツボ


  • 合谷 合谷(ごうこく)
    手の甲側の、親指と人差し指のまたから少し入ったところにあって、押して痛むところにあるツボ。


    上半身の熱や余分なものの溜まりを取る作用があります。

    押しこむようにグーッと押します。

  •    百会(ひゃくえ)
    頭のてっぺん中央にある、多様な効果が期待できる重要なツボ。

    百会、風池 風池(ふうち)
     天柱(てんちゅう)

    首の付け根、後頭部の下のくぼみから2〜3cmほどの左右にある。髪の生え際よりも少し上。
    天柱は風池よりも下、首を支える筋肉の外側にあるツボ。

    頭に偏っている熱を体全身に行き渡らせ、分散させる効果があります。

    親指を使ってこねるように指圧しましょう。

生活アドバイス

● 適度な運動を習慣に
陰虚タイプのほてりと違い、実熱タイプは、熱を発散させるためにもジョギングやテニスなどの運動もOKです。たまに一日がんばるのではなく、毎日の習慣にしましょう。
ただ熱が上にのぼるので興奮しやすく、本当は疲れていても気持ちでは疲れていない、体力が合って元気だと思いがち。あまりがんばりすぎないよう、意識してブレーキをかけたほうがよいでしょう。


実熱の生活アドバイス 入浴

●入浴はぬるめのお湯で、上半身は温めすぎない
熱いお風呂に入ると、のぼせたり、肌が赤くなってかゆみが起こることが多いため、お風呂の温度は低めに設定するのがポイント。

上半身はほてっているのに、下半身は冷える「冷えのぼせ」がある人は、腰から下はゆっくりとお湯につかり、上がるときには、上半身だけ30〜35℃くらいのぬるいシャワーを浴びましょう。足湯もよいです。下半身を温めることで、体の上部にこもった熱が下がり、気が全身にめぐります。

また、お風呂上がりにはぬるめのお茶で水分補給をして余分なほてりをクールダウンさせましょう。



漢方薬

● 涼血清営顆粒

● 瀉火補腎丸

● 香菊花

● 天王補心丹  など