「薬と食事はその源はひとつである」

漢方では、日常の食事によって体や心の衰えを補い、健康を維持することを 食養生(しょくようじょう)と呼んで大切にしています。
食べ物はそれぞれ、体や心への作用や異なる性質を持ち、病気ではないがどことなく体調がすぐれない状態(「未病」とも呼びます)のうちに、食べ物の力で体を正常な状態に戻し、本格的な病気への進行を防ぐともされています。
これが薬食同源と言われる所以です。

食養生には、特別な食材は必要ありません。ふだん口にしている身近な食べ物を利用して無理なくすぐに始められますから、毎日の食事に活用しやすいでしょう。





COMING SOON!!!