日本漢方と中医学陰陽とは五行とは気血津液精

日本漢方 と 中医学

一般的に言われる「漢方」とは、アジア大陸に伝わるアーユルヴェーダ(インド)、ユナニ医学(アラビア)、チベット医学などと同じ東洋医学の一つですが、「中医学」「日本漢方(和漢)」があります。
山中薬局は、中医学の論理を基礎にし、日本漢方も取り入れながらその人その人に合わせたご相談をしております。

日本漢方の特徴

日本漢方 国貞日本漢方(和漢)は、奈良平安の時代に中国から伝わった「中医学」が、独自の発展をしたものです。
江戸時代には最盛期をむかえました。ところが明治以降、採用された西洋医学におされ、和漢は正規の医学からはずれ、現在のようになりました。

日本漢方の特徴は、一つ一つの漢方処方の適応症状を「証」という名前で表し、患者さんの症状が、どの漢方薬の「証」に一致するかを探すことを診断の目的とするものでした。
これは、よく鍵と鍵穴と関係にもたとえられます。たくさんの鍵と鍵穴の知識が必要とされるので、経験が重要視されます。

歌川国貞「飲食養生鑑」  

中医学の特徴

中医学 黄帝中国に生まれた伝統医学、「中医学」は紀元前1世紀頃の漢王朝の時代にほぼ完成し、さらに二千年以上の時をかけて発展しました。

中医学では、体全体を一つのまとまりと考え、そのバランスを整える治療を行います。
つまり、気・血・水の過不足や流れ、臓腑の機能状態などを把握して「証(病気の本質)」を決めます。
例えば、生理痛にしても、血液が不足しているのか、血液を流すエネルギーがないのか、冷えているのか、子宮や卵巣の力不足なのか、体質や病気のタイプによって薬が違ってきます。
これを同病異治(どうびょういじ)といい、症状が同じでも治療法は人それぞれ異なる、というのが中医学の特徴的な考え方です。

伝説上の帝王、黄帝(こうてい)
中国医学の礎を築いたとされる